fc2ブログ

                          海ノ空 blog

作品展ありがとうございました。


昨日で富山大和での作品展終了いたしました。

今も能登の被災地では水道・下水道が復旧していない場所があり、
珠洲焼の作家さんもそうですが、多くの人が仕事できない、
見通しがたたない状況で、本当にもどかしい不安な日々だと思います。
前を向けと言っても、まだその段階でもない気がします。

そんな中、自分たちは作品もつくれて作品展も開催できました。
いつもありがたいと感じていますが、いつも以上にそう思いました。
ご来場いただいた方々、知人にお知らせしてくださったかた、
作品をご購入して下さったかたに心より感謝申し上げます。
みなさまのお気持ち、とても活力や勇気が湧いてきました。

輪島塗、珠洲焼の作家さんが復活のときにはもっと大きな感動が
待っています。その日が1日も早く来ることを願って・・・



今回の売上金の一部を能登半島地震の義援金として寄付いたします。





DSC_1385.jpg




DSC_1396.jpg

DSC_1392.jpg







DSC_1382.jpg















スポンサーサイト



  1. 2024/04/03(水) 23:12:12|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作品展のお知らせ

大和 2024-03



富山大和での作品展のお知らせです。

石丸 暁 ・ 石丸 絵利子 作陶展
   「 光 ノ 道 」

2024年 3月27日(水)〜4月2日(火)
10:00 - 19:00 最終日は午後6時 閉場
富山大和 5階 コミュニティギャラリー

積み重ねてきた時間 と 積み重ねていく時間。
光というやわらぎと希望に満ちることを願って・・・

(売上の一部は、能登半島地震の義援金に寄付いたします。)
@ akira_ishimaru   @ ishimaru_erico 

ちょうど桜が見頃のタイミング。
富山大和の近くで観光名勝である、松川の桜は見事で、
川べりを散歩したら気持ち良いし、遊覧船に乗ったら
最高です! 作品展とセットでお楽しみください。

詳しくは https://matsukawa-cruise.jp

毎日在廊しますのでお会いできたら嬉しいです。





  1. 2024/03/11(月) 09:37:45|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2024 辰



2024辰 年賀


2024年のスタートは元日から大変なことになりました。
能登の震度7という大きな地震により、珠洲市の9割の家が全壊、半壊
という報道があり、輪島の街並みも一変してしまいました。
お身内を亡くされた方に心よりお悔やみ申し上げます。
また、72時間が迫るなか一人でも多く助かる命がありますように
お祈り申し上げます。

今も石川県と富山県の一部の地域で
停電や断水の状態にあります。
早い復旧と、余震がおさまりますように。

自分たちはというと大したことありません。
作品がたくさん割れてしまいましたが、
お客様の作品の被害が少なかったのが幸いです。
ライフラインも大丈夫です。
ご心配いただいたかたありがとうございました。

ここ数年これだけ能登で大きな地震が続くのはなぜなのか。
専門家は能登半島の地下深くから水が上昇して断層に入り、
滑りやすくなっていると指摘しています。


断層図




能登地震



地震波の分析では、深さ20〜30キロのところに水が溜まっているらしく、10〜15キロ
付近まで上昇すると地震の原因になるらしい。
その水を吸い上げて溜まらないようにできないのだろうか?
ちなみに掘削の世界記録は何メートルだろう?
コラ半島超深度掘削坑 1989年 12,262m(12キロ)
技術的には15キロに到達すると予想されていた。地中の温度が300℃になると
掘り進めるドリルビットが機能しなくなるようだ。
日本の今の技術ならなんとかなるんじゃないか。
専門家じゃないから勝手なことしか言わないけど、深さ20キロまで掘削して
世界新記録を樹立。
そして水を吸い上げ、多分高温だから温泉をたくさんつくれる。

でもそう簡単ではないのだろうな。
莫大な資金と時間がかかる。開発に7年。調査に3年。掘削に13年。
途中資金不足や問題発生で作業停止があるかも。30年ぐらいかかるかな。
いや、そもそも水を吸い上げることで違う問題が起きるかも。
空洞化になるか? いやいや、太平洋プレートから水が流れて上昇してくるなら
いくら水を吸い上げてもキリがないのでは。しかも能登半島は広範囲すぎて
一箇所掘削しても多分無理だ。あ〜。
何か他に良い方法がないだろうか?
一箇所から水を固める何かを流し込んで、それが連鎖的に広がるもの。
コンクリだと地震が起きたとき余計に大きくなりそうだ。
不自然なものは使いたくない。水溶き片栗粉は300℃でも大丈夫か。
いやぁ〜凝固しても滑るだろうな。
私の頭では無理だ。

何年かかっても専門家に対策を考えていただきたい。
このままだと能登半島が住めない場所になりかねない。











 
  1. 2024/01/04(木) 01:11:39|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作品展ありがとうございました。

IMG_20231123_194945_949.jpg





昨日で匠の里の作品展終わりました。
天候が悪い日が多かったですが、来て下さったかたありがとうございました🙇
限られた日しか在廊できず、申し訳なかったですが、

お会いしたかたお話できて嬉しく、楽しい時間でした😊✨

自分が陶芸をはじめた場所ということで、スタッフの皆さんが温かく、

ホームのようで身内みたいな感覚でした🌟

これから匠の里出身として恥とならないように、

誇りになれるように頑張らねばと思いました🍎










  1. 2023/11/23(木) 20:17:59|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

匠の里 作品展




0cf0a862e845fb98afe8b5e689133a87-IMG_20231111_181549_570.jpg



573248e772b1839b74c37bb4bbe631e0-IMG_20231111_181549_654.jpg





bcbe70705b6afc4d582724922114893e-IMG_20231111_181549_669.jpg





f51518728214a18e2f9d05b3f55eb1f5-IMG_20231111_181549_706.jpg



10日から射水市陶房「匠の里」で作品展はじまっています。
広いスペースは会員のかたの力ある作品が激安で販売されています。自分たちの作品は入って左奥に展示しています。
外は紅葉した景色が気持ちいいですね🍁
自分が生まれ育った射水市にこんな素敵な場所があって良かった。
陶芸を楽しむ先輩、仲間と出会い、自分の人生が陶芸中心となったきっかけの場所。
みなさんに感謝しかない。
しかし、この場所を作ったのは誰の尽力なのか?
あとで調べることにして、今日はこの地で陶芸をしていた生源寺焼、初代窯主 山崎太四郎氏に感謝します😊
今日12日は在廊しています。
お越しのかた、お気をつけて。
お会いできるのを楽しみにしております。

  1. 2023/11/12(日) 05:02:15|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ