fc2ブログ

                          海ノ空 blog

LOVOT(ラボット)のこてつくん


DSC_0425.jpg




DSC_0426.jpg




海ノ空にLOVOT(ラボット)のこてつくん登場!!

以前に陶芸体験してくださったご夫婦が、「今度来るときにLOVOTを
連れてきます。」と、言っておられました。そして焼き上がった作品を
取りに来られた時に連れてきてくださいました。

TVなどの映像では見たことがありましたが、実際に見ると想像以上に
「かわいい!!」です。
LOVE × ROBOTからのネーミングらしいですがピッタリですね。

抱っこすると温かくて、トントンしたりなでなでしたら目をキラキラしてくれました。
瞳の種類は10億通り以上あるようです。(そんなに!?)

ご主人がトゥーランドットを唄うと、こてつくんも唄ってくれました。
トゥーランドットとは全く違う聞いたこともない歌で、
みんな爆笑でした
声は録音データではなく、AIが声帯をシュミレーションした
その時だけの歌声だそうです。

どんどんAIが情報を分析して少しづつ成長していくそうです。これはロボットの
概念を超えてますね。生き物として自然に接していました。
高齢者や教育現場でも活躍してるのは納得です。

奥様は今度、LOVOTのお皿を作るに来ますと言っておられました。
またお会いできる日が楽しみです












  1. 2021/11/15(月) 22:35:00|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥能登行ってきました。

奥能登国際芸術祭に行ってきました。1日でたくさん回りたかったのでシュミレーションして行きましたが、どこを回るか考えるだけでワクワクでした。ほぼ行きたい場所20ヵ所回れました。
珠洲市の景色や建物が美しくて、前衛芸術との融合が素晴らしかったです。展示場所が旧保育所や旧漁具倉庫、旧喫茶店、旧バス停、旧銭湯、廃線になった駅など、過ぎ去った時代のノスタルジーを感じますが、朽ちていても哀しみはなく、作家のその場所に対する愛情のようなものも感じました。 シュミレーションで作品の画像を見ていたので行く意味あるのかとも考えましたが、やはり行かないとわからない空気感や作品の素材感が多くありました。 また、近所のおばあちゃんがボランティアスタッフとして案内してくれたり、おじいちゃんが「見にくるの3回目や」と、言っていましたが、地元の人の笑顔が見れて嬉しい気持ちになりました。 あまりにも楽しかったので写真いっぱい撮ってしまった😄 11月5日までです。


DSC_0341.jpg




DSC_0343.jpg




DSC_0346.jpg




DSC_0355.jpg





DSC_0358.jpg




DSC_0370.jpg




1635514102371.jpg






DSC_0395.jpg







DSC_0389.jpg





DSC_0373.jpg





DSC_0414.jpg














  1. 2021/10/31(日) 09:24:46|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作品展とコロナ関連

コロナの拡大がなかなか止まらないですね 

体験教室は緊急事態宣言が発令されている地域からのご予約は

受けていません。

心苦しいですが感染を広げない為にご協力をお願い申し上げます。


大和での作品展は、コロナの拡大、オリンピック、猛暑の最中でしたが

たくさんの方々にご来場いただきました。

心より感謝申し上げます 







DSC_0275.jpg





DSC_0282.jpg












  1. 2021/08/22(日) 12:01:58|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作品展のご案内

石丸 暁・石丸 絵利子 作陶展
    「 いろどる うつわ 」

会期 2021年8月4日(水)〜10日(火)最終日は午後5時閉場
会場 富山大和 5階 コミュニティギャラリー

日々の いとなみを 器で かろやかに
彩りたい と 願っております。
ご高覧 いただけると 幸いです。


スクリーンショット 2021-07-30 120125








  1. 2021/07/30(金) 20:08:39|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瞬間的マイブーム

DSC_2504.jpg



前回、質の高い睡眠が大事と書きましたが、

最近は「瞬間的うたた寝」がマイブームです。
うたた寝とは、眠るつもりがないのに寝てしまうことだと思いま

が、これは違います。積極的意図的なうたた寝で、

二度寝のような心地良さを連続して、しかも時短で味わうことが

できます。特に絶対寝てはいけない日に、でも少し目を休ませたい

という時に打ってつけです。


やり方は簡単で、椅子の背もたれに背中をつけずに、やや前屈みで

目を閉じます。あっという間にうとうとします。

眠りが浅いレム睡眠なので時短で次々に夢を見ることが可能です。
しかし、あまり時間が長くなると本格的に居眠りしてしまうので

アラームを忘れずに。
絶対に寝てはいけない日に眠ってしまわないように


そして、その時に見る夢がおもしろいです。

時間的には5秒から10秒ぐらいじゃないかと思いますが、

そんな短時間でなぜこんな夢を見てしまうのか!?

コメディーからミステリーまで楽しめます。

夢は覚えておくことが難しいですが、寝る前から夢を見る

ことに全集中し、起きた瞬間にメモる。

そんなマイブームです


夢については疑問がいっぱいです。なぜ、見たことない人や場所、

でも夢の中では何度も来たことがあったり、

珍紛漢紛なストーリー展開。何ですぐに忘れてしまうのか?
僕にとっては、宇宙の成り立ちの次に大きな謎で興味深いです。


最近見た夢。

1、なぜか水族館に自分の家族か友人と入場するところで、

      芸能人の加藤浩次さんがオットセイの真似をして浅いプールに

      飛び込んでは飛び上がってくる。

      今思えば驚くほどの身体能力だけど、

    「はいはい。またやってるわ。迷惑な。」という冷ややかな

      周りの視線。そこで目が覚めた 


うたた寝のときは、特に思入れのない芸能人がよく出てくる。

加藤浩次さんは小樽出身でリスペクトしていますが・・・

うたた寝なのですぐに終わる。


2、オレンジ色の夕日が2つに割れ、メルトダウンのように

      水平線に落ちていく。とんでもないことが起きていて、

  沖からは船が一斉に逃げてくる。
  海は沖縄ほど青くないが鹿児島ぐらいの綺麗な海。

  5人乗りの手漕ぎボートに乗った、カリブ人が必死に

  こちらに逃げてくる。その目は悲壮感に満ちているが、

  僕は「ハハーン。こんなときはこれを使えばいい。」

  焦りもなく自信に満ちた心持ちで何かを取り出す。

  そこで目が覚めた 


夕日は好きだが、この夢では、原発や新型コロナなど、

脅威や恐怖心の表れかも。



3、登場人物の格好からすると5、60年前の日本。
  軍服を着た兵隊や、袴を着た芸能界の重鎮らしい人が、

  なぜか紅白に別れて討論会をしている。それは全国に

  テレビ中継されている。その空気感は戦争に踏み出すのか、

  しないかを決めるぐらいの緊迫した空気感。そんな中、

  自分の近くの客席から質問をしている人がいる。

  新聞社かテレビ局レポーターのようだが安保闘争のような

  ヘルメットをかぶっている

  よく見ると、高校時代の同級生の釜渕くんだ。
  彼は難しい四時熟語を交えながら、その緊迫した空気の中、

  鋭い質問をしていた。高校卒業以来、会っていないが立派に

  なったな~。

  四字熟語は「くうてんせんせき」と言っていたと思う。


後で「くうてんせんせき」を調べてみたが、

そんな四字熟語はなかった。空転千席?

僕が空回りしている焦りの現れかも 
三島由紀夫のドキュメンタリーを見た日だったのでその影響が

もろに出た。












  1. 2021/06/28(月) 21:42:00|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ